ソースコード構造解析ツール『Understand』は、大規模で複雑なプログラムを素早く解析するための多彩な機能を搭載しています。 アーキテクチャから個々のクラスや関数まで、あらゆるレベルでソースコードを解析し、プログラムの制御フローや構造、クラス継承、関数や変数の関係など、さまざまな角度から見える化します。

2019/10/17

Windows 10 で Microsoft Store がポップアップする現象の対応方法

Windows 10 May 2019 Update (バージョン 1903) 以降で、Understand 利用時に以下のような Microsoft Store のページがポップアップし、Python のインストールが促されるという現象が報告されています。


この現象の原因、回避策をご案内します。

2019/09/26

社外セミナー(高度ポリテクセンター様/静岡大学様主催セミナー)に弊社スタッフが登壇します

社外セミナー(高度ポリテクセンター様/静岡大学様主催セミナー)に弊社スタッフが登壇します。
DSMや分析手法について、通常のハンズオンセミナーの内容より詳細に説明します。
是非参加をご検討ください。


高度ポリテクセンター様主催セミナー


主催:高度ポリテクセンター様
講座名:DSM手法を用いたソフトウェア構造分析技術
※本講座は高度ポリテクセンターが実施主催する在職者向け職業訓練「2019年度能力開発セミナー」の1講座として開催されます。本講座のみの受講も可能です。

千葉開催
日時:2019年10月10日(木),11日(金)
場所:高度ポリテクセンター(海浜幕張)
詳細はこちらをご確認ください。

横浜開催
日時:2020年1月23日(木),24日(金)
場所:ポリテクセンター関東(希望ヶ丘)
詳細はこちらをご確認ください。

申込方法はこちらをご確認ください。

静岡大学様主催セミナー

主催:静岡大学(HEPT
講座名:ソフトウェアコード分析と活用方法
※本講座は静岡大学様が主催する「組込みシステム開発コース(2019)」の1講座として開催されます。本講座のみの受講も可能です。

日時:2019年10月23日(水)
場所:静岡大学浜松キャンパス
詳細はこちらをご確認ください。

申込方法は募集要項をご確認ください。

注意事項
上記各講座では基本的に主催者様の講座カリキュラムに沿った内容を取り扱います。なお、題材の1つとしてDSMや周辺知識を取り扱います。DSMチュートリアルの一部の内容はLattixハンズオンの内容と重複するものも含まれておりますが、ハンズオンでは取り扱わないDSM演習も複数含まれております。予めご承知おきください。

2019/08/29

ソフトウェア品質シンポジウム2019 併設チュートリアルに弊社スタッフが登壇します

ソフトウェア品質シンポジウム2019(SQiP2019) 併設チュートリアルに弊社のスタッフが登壇します。

SQiP2019併設チュートリアル


講座:併設チュートリアル8「大規模ソフトウェアの構造分析とその改善に必要な2つの視点」
日時:2019年9月11日(水)13時~17時

参加申込みはこちらをご確認ください。


SQiPとは


実践的で実証的なソフトウェア品質技術・施策の研究・普及を目的として、日本科学技術連盟の下に設置されたソフトウェア品質向上のための活動です。 SQiPは、「ソフトウェア品質を良くしたい」という思いを共有する方なら、誰でも参加できるオープンな場です。
(SQiPホームページより)

SQiP2019


期日:2019年9月11日(水)〜13日(金)
場所:東洋大学・白山キャンパス
スケジュール:
2019年9月11日(水) 併設チュートリアル
2019年9月12日(木) 本会議1日目
2019年9月13日(金) 本会議2日目

本シンポジウムの開催概要はこちらをご確認ください。

皆さまぜひご参加ください。

2019/08/23

ソフトウェア品質向上セミナー「技術的負債を残さない!医療機器の国内トップブランド2社が重視するソフトウェア設計品質向上への挑戦」

2019年9月30日(月)に、ソフトウェア品質向上セミナー 「技術的負債を残さない!医療機器の国内トップブランド2社が重視するソフトウェア設計品質向上への挑戦」を開催します。

本セミナーでは、ソフトウェア設計品質の管理と技術的負債の削減をテーマに、
品質改善活動へのツール適用事例を、オリンパス株式会社の尾塩健二様と、
富士フイルムソフトウエア株式会社の片山健志様にご講演いただきます。

現実的な設計品質の管理事例がわかる大変貴重な機会です。
どうぞふるってお申込みください。

2019/08/08

Understand 5.1 の新機能・改善点 - プロジェクト設定のインポート/エクスポート機能

Understand 5.1 バージョンアップ版では、プロジェクト設定のインポート/エクスポート機能の改善がおこなわれました。

プロジェクト設定には、解析対象のディレクトリやファイル情報、ファイルエンコーディング、マクロやインクルードパスなどの設定が含まれます。

Understand 4.0 までは、プロジェクト設定のインポート/エクスポートは、 und コマンドでおこなう方法のみでした。
Understand 5.1 では、Understand GUI からもプロジェクト設定のインポートとエクスポートができるようになりました。

これにより、異なるプロジェクト間での、各種解析オプションの設定の統一、共通化がおこないやすくなりました。

2019/07/03

Understand 5.1 の新機能・改善点 - グラフィカルビューの拡張

Understand 5.1 バージョンアップ版では、下記の既存のグラフィカルビューに、いくつかの改善がおこなわれました。
  • UML Sequence Diagram (シーケンス図)
  • Control Flow (フローチャート)
  • Object References
  • Object Refs with CalledBy
  • Calls with Global Objects